【悪路でも安全ドライブ】スタッドレスタイヤを備えて冬を乗り切る

記事リスト

冬場の道路を安全に走ろう

作業員

滑りやすい冬道を安全運転

冬場でも場所によっては、普通のタイヤで十分ドライブが楽しめますが、雪道や路面凍結かしょでは、普通のタイヤでは非常に危険です。高速道路では、チェーン規制がかかる区間があり、スタッドレスタイヤを装着している場合は、基本的には走行できます。しかし著しく路面状態が悪い場合は、スタッドレスタイヤを装着していてもチェーンをつける必要があります。ただそこまでの路面状況が悪い場合は、安全面を重視して無理に運転せずドライブを延期する事をおすすめします。スタッドレスタイヤはガソリンスタンドで購入や取り付けができます。カー用品を売っている所や、タイヤ専門店でも販売していますが、車を運転する時に高速道路の入口付近のガソリンスタンドで給油のついでに、タイヤ交換するのが一番理想です。ガソリンスタンド店によっては、各種ポイントが貯まる所もあります。特に長距離を走行する場合は、安全のためにバッテリー等のチェックをしておくと、安心して運転ができます。冬道で使用するスタッドレスタイヤですが、チェーンと違い一度つければ、ノーマルタイヤに交換する時期まで、ずっとそのままの状態で走行できます。チェーンの場合は、必要な場所で装着し必要がなくなれば脱着しと、こまめに付け替えが必要です。高速道路にチェーンを付け替えするスペースが設けられており、その場所で付け替えを行います。耐久性もスタッドレスタイヤの方が優れています。値段はスタッドレスタイヤの方が高いですが、耐久性を考えるとチェーンよりはるかにお得なのでおすすめします。

Copyright© 2018 【悪路でも安全ドライブ】スタッドレスタイヤを備えて冬を乗り切る All Rights Reserved.